2010年04月10日

<インフル>初の純国産治療薬、「タミフル耐性」に効果(毎日新聞)

 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS−8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らが確かめた。米国微生物学会誌(電子版)に掲載された。

 菅谷部長らは08〜09年、患者184人を分けてラニナミビルとタミフルを投与。同シーズンはAソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、試験した患者でも約95%が感染した。すると、ラニナミビルを投与した患者はタミフルを投与した患者より平均60時間以上早く回復した。一方、タミフル耐性でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者の治療効果に差はなかった。

 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済む。これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果も確認されている。

 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している。【関東晋慈】

【関連ニュース】
◇特集◇新型インフルエンザ
◇新型インフルエンザ◇ワクチン輸入、257億円分解約
◇新型インフルエンザ◇期限切れワクチン 234万回分廃棄へ
◇新型インフルエンザ◇水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析
パンデミックに挑む:布施晃さん=国立感染症研究所広報委員

政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に−沖縄知事(時事通信)
「変形時間」適用認めず=飲食店に残業代支払い命令−東京地裁(時事通信)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)
日医会長選、投票始まる=4氏が立候補(時事通信)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。