2010年01月28日

普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、那覇市内のホテルで、沖縄県名護市の稲嶺進次期市長と会談した。同席者によると、小沢氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題に関し、「政府の頭越しで意見を言うことは控えたいが、民意は重い。しっかり理解しているので、私の立場で対応したい」と述べた。
 小沢氏の発言は、名護市辺野古への移設に反対する稲嶺氏が先の同市長選で勝利したことを踏まえ、民意を尊重して辺野古への移設に反対する姿勢を示したとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)
「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)
ひき逃げ事件で別人の写真放送=25日に2度−札幌テレビなど(時事通信)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
近ツー元社員に逮捕状=旅行積み立て7億円詐取容疑−大阪地検(時事通信)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。