2010年06月18日

阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円(産経新聞)

 大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で、研究員が給与の半額を研究室側にキックバックしていた疑惑にからみ、別の元研究員の男性が「カラ出張」を求められ、出張費を研究室に返納していた疑いのあることが13日、関係者への取材でわかった。男性は給与もキックバックしており、これらの金は研究室の関係者名義の口座に入金されたとみられ、阪大の調査委員会が経緯を調べている。

 カラ出張を求められていたのは、阪大の非常勤特任研究員だった中国籍の20代男性。平成17年に来日し、大学院生として研究室に所属していたが、昨年11月から今年3月までは、院生としての身分のまま特任研究員として大学と雇用契約を結び、4月に中国へ帰国した。

 複数の関係者によると、男性は研究室の事務担当者から、事前に出張費の振り込みがあることを告げられた上で、昨年12月〜今年2月の間、5回にわたり計約30万円が自分の口座に振り込まれたという。

 男性は入金の後、全額を引き出して事務担当者に手渡し、事務担当者が出張申請の書類を処理していたといい、実際には「この間、一度も出張したことはなかった」と話している。

 一方、男性は特任研究員だった5カ月間に、給与として計約50万円を大学側から受け取ったが、毎月約半分を研究室にキックバック。研究員になる前に、事務担当者から還流を頼まれたという。

 産経新聞の取材に対し、男性は「事務担当者に言われたのでやった。学位をもらう立場だったから、言われたとおりするしかなかった」と証言。これに対し、元教授は「私は知らない。事務担当者がやっていたのではないか」と釈明している。

【関連記事】
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック
4000万円詐欺容疑で元職員を書類送検 神奈川県不正経理
ローソン子会社不正経理 恐れ知らずの成功者
千葉 県外郭16団体で不正経理 総額7650万円

八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘―大阪地裁(時事通信)
陸自内殺人で国が和解金(産経新聞)
枝野新幹事長就任会見詳報(3)(産経新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 13:40| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸(産経新聞)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5、6両日に実施した合同世論調査で、菅直人新首相に「期待する」と回答した支持率は57・3%で、「期待しない」の35・6%を上回った。夏の参院選の比例代表での投票先は、民主党は34・1%と鳩山由紀夫首相辞任直前の前回調査(5月29、30両日実施)の22・0%から12・1ポイント増と急伸、自民党との差を16・1ポイントに広げた。鳩山内閣発足時の内閣支持率68・7%に及ばないが、首相交代が一定の効果をもたらした。

[表で見る]菅内閣の内定した顔ぶれ

 政党支持率でも、民主党は30・6%と前回より12・9ポイントアップ。自民党は16・5%で前回と同じ。みんなの党は7・4%で2・4ポイント減らした。

 鳩山首相退陣には76・5%が「当然」と回答し、小沢一郎前民主党幹事長の辞任を「当然」と回答したのは93・0%に上った。だが、72・0%の回答者が参院選向けの首相交代だったと、今回の鳩山首相辞任劇を冷静に受け止めている。

 組閣や民主党の役員人事では、85・2%が小沢氏の影響を排除した人事を行うべきだと回答。閣僚や党幹部への起用では、枝野幸男行政刷新担当相72・5%、仙谷由人国家戦略担当相62・9%、蓮舫参院議員69・3%らが期待を集めた。

 菅氏に期待することは、「政治とカネの問題の対応」61・0%、「指導力」52・9%、「消費税率の見直し」47・5%などが軒並み高いが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題については59・1%が「期待しない」と答えた。また、菅氏の副総理・財務相としての実績は46・7%が評価しないと回答した。

 参院選については80・9%が「関心がある」と回答。比例代表の投票先は、自民党が18・0%(前回比1・5ポイント減)、みんなの党10・9%(同3・1ポイント減)で、民主党だけが支持を伸ばした。民主党が目指す単独過半数獲得については44・8%が期待するが、51・2%は否定的だった。

 参院選の争点は「景気対策」がトップで39・1%。「医療・年金などの社会保障」13・8%、「バラマキ政策の見直し」12・3%、「子育て・教育問題」7・6%が続いた。

【関連記事】
民主党新執行部、午後決定へ 政調会長に玄葉氏
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏
チグハグぶり目立つ首相交代劇
繰り返される短命政権 競争力強化のネックに
経済再生急務の菅新首相 弱点は財界人脈
「はやぶさ」帰還へ

大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」(産経新聞)
子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
菅氏、今夕出馬会見へ=対抗馬の有無焦点―民主代表選(時事通信)
クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)
茨城空港 上海便、7月末に就航…春秋航空と県が合意(毎日新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 02:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

元部下の調書など却下=「取調官が誘導」―厚労省元局長の公判・大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判が26日、大阪地裁であった。横田信之裁判長は、同被告の部下だった元係長上村勉被告(40)と自称障害者団体元代表倉沢邦夫被告(74)=一審で一部無罪=の捜査段階の供述調書について「取調官の誘導があったとみられ、特信性があると言えない」などと述べ、検察側の証拠請求を却下した。
 一方、上司だった元障害保健福祉部長(58)ら5人の調書については採用した。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、具体的言及せず
団体元代表、偽証明書は無罪=捜査段階の供述不自然-DM不正発送で罰金・大阪地裁
「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で
部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も

「10億円はFXに使った」 着服の近鉄ビルサービス元社員を起訴(産経新聞)
囲碁 山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)
国控訴で原告団「生きる道閉ざすな」 石綿訴訟(産経新聞)
河内音頭で大阪PR 上海万博参加の菊水丸さんら橋下知事表敬(産経新聞)
<口蹄疫>沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明(毎日新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 03:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。