2010年02月02日

宮城県北部で震度4(時事通信)

 30日午前1時43分ごろ、東北地方で地震があり、宮城県大崎市で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は宮城県北部で、震源の深さは約20キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.1と推定される。 

【関連ニュース】
種子島で震度4
青森県で震度4
静岡県伊東市で震度4
北海道・根室で震度3

マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
首相動静(1月25日)(時事通信)
センター試験 追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
<島根女子大生遺棄>通勤路周辺居住20〜40代の男か(毎日新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<和牛商法>「ふるさと牧場」社長に懲役12年 東京地裁(毎日新聞)

 「和牛のオーナーになれば高配当を得られる」と虚偽の投資話で資金を詐取したとして組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われた「ふるさと牧場」(東京都港区)社長、相田勇次被告(79)に対し東京地裁は27日、懲役12年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。藤井敏明裁判長は「虚偽の決算書類を掲載した季刊誌を配布するなど、組織性、計画性、勧誘方法のいずれの点でも極めて悪質」と述べた。

 被告側は「だますつもりはなく最後まで返さなくてはいけないと思っていた」と無罪を主張したが、判決は「牧場には飼育する牛が一頭もおらず詐欺の故意は明らか。被害弁償を全くしておらず、なされる見込みも乏しい」と退けた。

 首謀者として約3700万円の報酬を得たと認定し「『社長』の肩書と多額の報酬が目的で、利欲的な動機に酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると、相田被告らは03〜07年、会員15人から約3億4000万円をだまし取った。事件では、同社幹部だった5人が懲役3年6月〜2年の実刑判決を受け、うち3人の判決が確定している。【安高晋】

【関連ニュース】
詐欺:故笹川氏の孫と偽り5千万円詐取の疑い 女を逮捕
詐欺:東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い
振り込め詐欺:2グループ15人、未遂容疑で逮捕
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
診療報酬不正受給:山本被告が保釈に

<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
<人事>公取委(28日)(毎日新聞)
「意志と努力で夢実現を」=宇宙飛行士の若田さん、タイ高校生に講演(時事通信)
神戸空港は「結果から見れば失策」…橋下知事(読売新聞)
民家全焼、39歳の息子の遺体 千葉・四街道(産経新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。