2010年01月31日

カラフルなEV“パト”出発! さいたま市(産経新聞)

 地球温暖化の一因とされる二酸化炭素を排出しない電気自動車(EV)の普及を目指すさいたま市は26日、全10区役所に導入したEVの出発式を行った。EVは防犯パトカーとして市内を巡回するほか、市のイベントや小中学校の体験授業に登場し、EVの普及、啓発活動にも活用されるという。

  [フォト] 幻の「GT−Rパトカー」 子供たちに大人気

 導入されたEVは三菱自動車工業製の「アイ・ミーブ」。区ごとのイメージカラーに彩色されている。

 清水勇人市長は「親しみやすいデザイン。パトロール活動を通じ、地域の子供が間近に接する最初のEVになる」と話していた。

 また、市と三菱自工は26日、EVの普及に向けて協力する「E−KIZUNA Project協定」に締結した。締結は3社目。

【関連記事】
【クルマの達人】「アイ・ミーブ」 俊敏さを備えた「電気の走り」
「150万〜250万円なら購入」アイ・ミーブ試乗者アンケート
個人販売向け「アイ・ミーブ」値下げ検討
九電が「アイ・ミーブ」などEV36台導入
三菱供給のプジョーEV 予約2000台

チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明(毎日新聞)
妻子殺し自首の男、犯行後に勤務先で料理の下ごしらえ(産経新聞)
普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)
「口が達者」人気者=スナックが接点−上田容疑者(時事通信)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)

 社民、国民新両党が、小沢民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件への対応に苦慮している。

 23日に始まった社民党大会では、地方組織から執行部に対し、より厳しい姿勢でこの問題に臨むよう求める声が相次いだ。国民新党からも、小沢氏の事件が党勢に影を落とすことを恐れる声が出ている。

 この日の社民党大会では、地方組織から、「(小沢氏の)『検察が捜査中だから、発言を控える』との発言は、かつての自民党と同じセリフでがっかりした。もっと激しい怒りをもって抗議すべきだ」(滋賀県連)、「某党の某幹事長には『説明責任をもっと果たせ』と主張すべきだ。(小沢氏に資金を提供したと疑われている)水谷建設(三重県)が問題になっている。党としても調査すべきだ」(三重県連)といった声が出た。

 社民党は「政治とカネ」の問題でクリーンな点を売りにしてきた。

 福島党首は2007年、高額な光熱費を計上していた自民党の松岡利勝・元農相に対し、証人喚問を要求。08年に同党の太田誠一・元農相の事務所費問題が明るみに出ると、太田氏の辞任を要求した。いずれのケースも捜査機関による強制捜査は行われていなかった。

 このため、小沢氏に対する福島氏の一連の対応には、地方から「明らかに甘すぎる」との不満が続出している。党執行部の一人は、「連立のパートナーの批判は、野党時代のように激しくできるはずがない」と苦しい胸の内を明かす。

 一方、国民新党は、表向き静観の構えだ。代表の亀井金融相が「捜査機関の捜査を待つというのが基本的なあり方だ」(19日の閣議後の記者会見)と述べるなど、小沢氏を擁護しているためだ。

 ただ、党内からは、小沢氏の事件が本人の事情聴取にまで発展したことを受け、「政治とカネの問題では民主党と距離を置くようにしないと、我々も世論から批判されかねない」との懸念が出ている。

マタニティーマークの配布率76%=市町村での普及進む−厚労省(時事通信)
替え玉殺人裁判 イン・リナ被告への判決要旨(産経新聞)
未納保育料と相殺可能に=子ども手当で市長会決議(時事通信)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)

 静岡県浜松市が2010年4月から、スーパーなどで配布される「レジ袋」をごみ袋として利用することを禁止することにした。ごみの量を減らす狙いがあるが、利用者にとってはレジ袋がもったいないという意見も出ている。

 浜松市は2010年1月20日、市の広報誌「はままつ広報」で「レジ袋をごみ袋として使用することを禁止する」ことを4ページにわたる特集で案内した。使用できるごみ袋は「透明または半透明の45リットル以内のポリエチレン製の袋」とし、レジ袋は使用できない。ごみ袋の内装としての使用も原則禁止をうたっている。

■レジ袋があるのにもったいない

 案内をしたのは二回目だ。2009年9月、広報誌配布に合わせて紙一枚のチラシを配ったが、このチラシは内容的にも不十分だったせいか、500件近くの問い合わせがあったという。

 浜松市資源廃棄物政策課は「大半が内容の問い合わせ――45リットルの袋しかいけないのか。指定のごみ袋はどこに売っているのかといったものでした」と明かす。もっとも、市民の中には「レジ袋があるのにもったいない」「うちではちょっとしかごみが出ないのでレジ袋で十分だ」と意見する人もいたという。

 なぜ、浜松市はレジ袋のごみ袋利用を禁止するのか。

 浜松市の試算によると、レジ袋を使わないことで、1年間にごみの量740トン、ごみ処理経費約2000万円、二酸化炭素排出量約3400トンを削減できると見込んでいる。集積所に持ち込まれるごみ半数には、平均3枚レジ袋が入っているといい、各家庭が必要分のごみ袋を利用することで、焼却するごみ量を減らしたい考えだ。

  「無料に近いレジ袋のせいで、むやみにそれを使ってしまうことも少なくありません。必然的にごみ量が増えてしまうこともあります。内装の禁止をうたうのも、ごみ分別やゴミの減量への意識を高めるため。買い物時にも、(ごみ袋として使えなくすることで)レジ袋を受け取らない心がけにつながればと思います」

■東京都は半透明か透明であればかまわない

 もっとも、多くの自治体では通常、内装まで問うことは少ない。

 東京23区の場合、東京都環境局によると、以前は指定、推奨ごみ袋を利用していたが、今は中身が見える半透明や透明の袋であれば、何を利用してもかまわないそうだ。昔はごみ袋が「黒」だったせいで、中が見えないのは分別が曖昧になること、危険物が混じる可能性があることが問題視された。だが、今ではその目的がおおむね達成されてきており、ごみ袋の種類は問わなくなった。

 静岡県静岡市もほぼ同じで、市指定の袋か市の認定を受けたスーパーのレジ袋を利用することになっている。認定されたスーパーの袋は透明か半透明で、認定された旨が明記してあるのが特徴だ。それ以外のごみ袋を利用していた場合は、回収しないことにしているという。

 なお、浜松市の取り組みに関しては、情報交換サイト「goo ニュース畑」でも2010年1月22日、話題となった。その段階では回答数5件と少ないが、「最低限の使用を認めるべきであって、余ったレジ物をリサイクルするようにするべきだと思う。レジ袋を使えないとすれば、別に袋を購入して使う人も現れることになるので、どっちみちゴミの量はたいして減らない」という反対意見もある。


■関連記事
関西2府5県広域連合誕生へ 「道州制」モデルケースに発展か : 2010/01/18
「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明 : 2010/01/19
首都圏の「水がめ」は大嘘 「八ッ場ダムを公共事業中止の聖地に」/インタビュー・ダム建設は止めるべきか(上) : 2009/12/28
ゴミ袋とセットになった 力強〜い「ちりとり」  : 2009/10/15
ふせん紙と同じ大きさのメモボード : 2008/12/22

臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)
<参院選>公明党、埼玉選挙区に公認候補擁立へ(毎日新聞)
捨てたタオルが逮捕の決め手に ひったくり容疑で会社員の男逮捕(産経新聞)
posted by ウシヤマ ノブヨシ at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。